RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ルノー名古屋中央のブログ

ルノー名古屋中央のスタッフブログです。
<< レッドブルのゴタゴタ | main | メガーヌRS タクシー!? >>
F1タイヤ
0
    4月に入りました。早いもので私がルノーの販売から離れ、今の部署にやってきて一年経ちました。お恥ずかしい話、何をやったら良いのか、今ひとつ分からないままの日々でした。途中、病気でふた月ほど休んだ事もあって、余計にそう思えるのかもしれません。


    さて写真は昨シーズンからF1に供給されているピレリのタイヤ。かつてミシュランが撤退して以来、ブリジストン、ピレリと、タイヤに関してはワンメイクの時代になっていますよね。
    ご存知とは思いますが、今年のピレリタイヤにはいろんな噂が流れているようです。
    今シーズンの緒戦は、ロータスのライコネンが勝ちましたが、この日から一気に噴出した「噂」が、「ロータススペシャル説」(これは私が勝手に名付けたんですが・・)。いわく、このタイヤはロータスのマシンにアジャストするように作られている、と言うもの。実際、ピレリはタイヤを設計するにあたり、開発したタイヤを、2010年シーズンに使用されたルノーのマシンに装着してテストしていたようです。そして、そのマシンをデザインしたのは現在のロータスのスタッフ。つまり今年のロータスのマシンの3年前のモデルがルノーのマシンと言うこと。マシンを設計するにあたり、さすがに基本的な考え方はあまり変わらない・・とすれば、ロータスのマシンにはすごくマッチングがいいのでは・・とのお話。
    実際そうかもしれませんよね。「タイヤを変更しろ!」なんて主張しているチームもあるようですが、今さらって感じるのもまた事実。
    ルノーフリークの私は「いいじゃん、それ!」って世界ではありますが・・。さてどうなることでしょう?今年もF1サーカス、面白そうです。 
    | ひとりごと | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://renault.aichinissan.net/trackback/1407954